愚留米の入院日記
日当たり良好の某法科大学院既習病棟を退院した法務博士の日記。しかし内容はほとんど趣味のディベートの話
C91寄稿のお知らせ
どうもご無沙汰しております。
近時のディベート関連の報告としては、九州JDAでジャッジをしてきたところ、決勝戦が大変秀逸だったということがあります。こちらはいずれトランスクリプトがあがるとか聞いていますが(動画は諸事情で難しいかもしれないようです)、非常に水準の高い、国民投票論題の集大成と言うべき試合でした。JDAの試合については、視野が狭いとか、高速化かつ低質化しているのではないかという問題提起がなされたこともあった気がしますが、少なくとも九州JDAで見られた議論は、コミュニケーションの点でも(高速スピーチであったことを差し引いても)一般的な試合と比べればずっと分かりやすかったと思いますし、議論の水準についても、両チームの海外研究も渉猟した悪魔的なリサーチにより、学術的にも評価し得る高度なものになっていました。

そして話は変わりますが、今秋JDAに出たのに引き続き、来春のJDAも出場の方向で調整中です。出てる場合なのかという問題は常にあるのですが、断るわけにはいかない企画でしたので。論題はもうすぐ決まるところですが、面白い議論ができればと思っています。

さて、ここからが本題の告知です。
今年の12月31日、コミックマーケット91に出店するサークル「竹藪会」(3日目東U-47b)の冊子に寄稿させていただくことになりました。竹藪会というのは、私の旧職場にあった竹藪にディベーターが集合して旨いものを食べに行くイベントが発祥ということになっております。また、「タケノコ」というのは、一部のITBディベーターにとって象徴的な食べ物であり、これに敬意を表する意味もあります。

私が寄稿しているのは、某ラッパーをリスペクトした自伝的な文章「アーギュメント・ドリーム」です。普通にディベーターとしての経験を淡々と書いております。その過程で必然的に過激な内容を孕んでいく予定なのですが、残念ながら、今回の寄稿範囲である第一章は、愚留米の高校時代ということで、ほとんど刺激的な内容になっていません。時系列的には、後輩が部室で××していた話とか、関東に出てジャッジをしたときの衝撃的体験とかは言及できていないというわけです。ということで、期待していただいた方がいらしたとしたら申し訳ないのですが、第二章以降にご期待ください。

他方、その他に載る予定の記事はなかなか読み応えがありそうですので、むしろそちらをご期待ください。「一立ディベートにおけるターンとニューの処理について」というのは、まだ読んでいませんが、内容によってはここでレビューしようと思っています。
本当はそういうディベート実践/理論的も書かないといけないのだとは思いますが、今回は上の記事がそこそこ長いので時間がありませんでした。いずれ、CoDAの合宿で展開した体系的な理論講座の内容や、NADE東海支部でやった寝落ち者続出のディベート理論実践演習などを文書化する形で記事にしようかなといったことは考えています。

ということで皆様、よいお年を。
C87の告知とJDA九州大会決勝の超短評
直前で恐縮ですが、ディベート同人誌の販売案内です。

冬コミ3日目(火曜日・30日)の東地区 "R" 59a


愚留米は都合により現れませんが、コミケに行かれるディベーターの方はお時間があれば是非お立ち寄りください。いずれはコミケで新しいテキスト「ネコもそっぽを向く日本一難しいディベートの教科書」(仮)でも売りたいですが、まだ2%くらいしか書けていません。

という告知だけなので少しだけほかの話題も触れておきますと、先日実施された九州JDA大会の決勝戦映像がネットで公開されていました。こちらから見られます。観戦者には便利な時代になったものです。
論題は積極的安楽死合法化で、議論の内容についての感想は割愛しますが、Negの2ndスピーカーは議論の質量ともによい議論をしておりましたので参考になると思います。特に2NCはなかなかいい感じです。




C84出店のお知らせ
短い記事で恐縮ですが、先日の記事で予告していたコミケの出店情報についてお知らせいたします。

2日目 8月11日(日)
東P37b 「東海デ部」



僕の書いている記事はたいしたことのない内容と若干のぶっこみが含まれた仮想対談(?)で、正直やっつけ記事となってしまっております。いずれかの機会に、理論的な何かを書きたいとは思っておりますが、とりあえずお許しください。あと、ほかになかなかアグレッシブな記事が入っています。

ディベート甲子園と日程が完全にかぶっているのでディベーターで買いに行く人は少なかろうと思いますが、機会があればぜひお手に取ってください。
あと、売り子が不足しているそうですので、ディベート甲子園よりサークルチケットで入場して買い物を楽しみたいという人がいらっしゃたら取り次ぎできるかもしれません。サークルチケットは快適ですよ(とはいえ夏なので暑いですが…)。

以上、告知でした。


[8/13]
コミケもディベート甲子園も無事に終了いたしました。
おかげさまで、当サークルはコミケで11部販売し、その他ディベート関係者に相当数を売り上げることができました。一部製本ミスの製品をお渡しすることになった方々には申し訳ございません。

とりあえず冬に当選しているか、仕事がどうなっているかという問題はありますが、今後も何かしら出していければと思っております。編集部(?)で協議しておりますところでは、冬にはディベート甲子園やJDA・全日本大会の決勝等をネタにして総括を行い、夏には現在のような雑多にネタを織り込んだ記事を載せられればという話が出ております。
また、コミケ会場で隣のサークルさんに「初心者向けとかあった方がよいのでは」というごもっともなアドバイスをいただきましたので、そういう小冊子を1冊作ることも計画しております。
このあたりは、何かまとまりましたら、ここでも告知・募集などさせていただければと考えております。

なお、今年のディベート甲子園の記事も書かせていただく予定です。概要だけ予告しておくと、高校決勝をやや詳細に考察する判定批評みたいなものを書きます。個人的には、負けてしまった否定側に投票すべきと判断しておりますが、それと実際の結果がどこで分かれたのか、という観点で解説できればと思っております。
copyright © 2005 愚留米の入院日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.