愚留米の入院日記
日当たり良好の某法科大学院既習病棟を退院した法務博士の日記。しかし内容はほとんど趣味のディベートの話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第18回JDA秋季大会の短評~ヘイトスピーチ論題の振り返りとして~
気が付いたらもう年末に差し掛かってしまいました。今年は冬コミも当たっていない(申し込んでない?)ので特に告知はないのですが、別途の集団で骨太な同人誌を出そうという話もありますので、うまくいったらそちらでひと暴れしたいものです。

さて、今回は、間が空いてしまいましたが第18回秋季JDAの決勝について書きます。この試合は決勝ジャッジに入っていたのですが、やや迷った末にAffに投票して多数意見になっています。ただ、論題との関係での議論水準はNegのほうが上回っていたと思います。司法試験採点実感風に言うと、自動販売機のような議論を回すAffに投票してしまい、試験委員の気持ちがよく分かった気がします。
とはいえ試合の水準は高く、Affもディベート的に悪かったわけではないです。実力のあるチーム同士が死力を尽くして戦った感があり、JDAらしいよい決勝ではありました。

トランスクリプトがJDA-ML以外に流れていないので、以下、議論をデフォルメして紹介しつつ感想を述べ、最後にヘイトスピーチ論題でこんな議論ができたのではないかなという話を書くことにします。じゃあお前出ろよという話なのですが、できるものなら出場したいものの時間がなかなか取りがたく…。そんなこと言ってると職業ディベーターに怒られそうですが。
といったところで以下本題です。

*トランスクリプトでディベーター名が非公開とされているので、必要な?場合のみTDN式表記法で名前を書きます。

決勝のAffは、マイノリティ保護というオーソドックスな議論です。デメリット切りに「政治、科学についての発言は原則として規制の対象外」というプランを挿入しているのはいかにもTMK氏らしいのですが、例によってこれはどうかなと思うところです。そもそもヘイトスピーチは政治と不可分なものであって、そこを規制しないとすればマイノリティ保護も実現できないでしょう。そういう表現規制の難しさから逃げて勝とうという態度において、議論が浅くなってしまうことは不可避です。Negもそこはわかって攻撃していたのですが、さらに踏み込んでAffの底の浅さを露呈させるような議論までは行けなかったことにより、TMK流ディベートはもう少し寿命を延ばしたということなのかもしれません。
ただ、ケースの中でおっと思ったのは、最初の方で、ヘイトスピーチがネットで始まって拡大再生産していくという話でした。その後伸びることなく残念だったのですが、劣悪な言論を規制すべき理由というのは、それが良質な言論を圧倒し、理性的な議論の可能性を狭めていくということにあるので、こういう分析はウェルカムです。しかし、結局試合では外交関係が悪くなればヘイトも盛り返す…といった被害の数に終始する議論だけで、橋本のエビデンスを読んだ意味は何だったのか、ということになります。Affはこの辺も残念でした。
上記はともかく、さすがに手堅いケースではありましたが、これに対するNegの反論は、大きく言えば、①今は減っているという話、②カウンター行動で大丈夫という話、③政治や科学の議論を許容するプランではヘイトスピーチがまともに聞こえるのでより悪いという話でした。本来一番インパクトがあるのは最後の③の議論で、クレームがいまいちだったのでターン気味になっていなかったですが、これを目玉に持って行ってほしかったところです。これがいまいち伸びなかったのはNegが得票を伸ばせなかった主因と思われます。①と②はセットなのですが、Affからカウンターデモはより悪いという話が出て、これに対するケアがなかったので、ケースが分かりやすく残ってしまいました。筆者がAffに入れたのはそれが理由です。
カウンターデモの話は、①と②を結び付けて、意識が変わってきているのでOKという議論にしているのがNegの工夫でありそれはそれでよいのですが、さらに工夫があるべきだった、ということになります。要するに、言論規制より言論の自由下での自主規制(対抗言論)の方が望ましいという話ですので、例えば1NRの最後のほうで出てきた小谷のカード(規制するとうっぷんを晴らせなくなってダメ)や、2NCで出てきた「ヘイト規制はかえって在日が日本の法に介入したということになって恨みを買う」という話を絡めていくのもよいかもしれません。後者はいわゆるアファーマティブアクション論争で出てくる典型的な議論だったりするのですが、在日ヘイトの文脈での議論でもあり、それなりに説得的です。これらを個別に出すのではなく、言論規制と対抗言論の比較という話にした上で、カウンターデモへの暴力行為などは警察で規制するのであって、国がすべきことは言論で解決できるように実力行使や特定個人への法益侵害が明らかな侮辱・行為を規制することだけだ(これだって公益性があれば処罰されない可能性がある)、というのが、Negの模範的な態度になろうかと思います。別にNegがそうスピーチしなくてもジャッジのほうで再構成することは可能で、実際筆者もそうしようかと迷ったのですが、さすがにやりすぎかなぁと思って自重した次第です。

NegのDAは、表現の自由の侵害です。このDAは表現の自由規制の要点を押さえていてよくできていましたが、2NCから1NRにかけて出てきた、何か社会に対して訴えようとするのであれば、挑発的で挑戦的である必要がある、というのがNegの議論の白眉です。これこそが、Affのプランのせこさをひっくり返す武器にもなるところでした。すなわち、表現の自由というのは(というか人権一般は)、多くの場合少数者のために保障されるものであるところ、普通に言論をやっていては多数派に勝てない少数者が、ある種煽動的な言論をもって多数者に対抗できる機会を保障すること自体に、表現の自由の意義があるわけです。Affのプランでは、「きれいな議論」しかできなくなるので、強い言論活動で多数派に訴えかけ、あるいは少数派で連帯したいという思いは規制される一方、多数派は科学・政治の体をとって、優位な立場での発言を続けるということになるわけです。
ただNegにおいて残念だったのは、上記のような形で、過激な言論が必要だという話を使っていけなかったことです。マイノリティにとって重要だ、という話も出していたのですから、そこを引っ張りつつ、マイノリティの言論が萎縮するというにとどまらず、マイノリティに保障されるべき「過激な言論」が規制の対象になってしまうという議論を打ち込んでいけば、DAは相当強固に立ったと思います(同性愛など少数派の言論活動に意味があったことなどの実例があればより完全ですが)。それに対してAffの議論は対抗言論で解決されつつあり、マイノリティ保護という意味でも国が介入しないことがベストであり、言論の自由の価値を信じろ、ということで押し切れば、少なくともこの試合のAffの議論セットでいけば、Affに入れる理由は完全になくなります。
もう一つNegにとって残念だったのは、DAで言論規制の話を出していますが、政府が恣意的に規制する動機を持っているという話をもっと強く押し出すべきだった、ということです。Negは、2NCで日本で表現の自由が侵害されやすい、という話を出しているのですが、これがプランとの関係でうまく伸ばしきれていなかったうらみがあります。Negが出していた政治ビラ配布の問題は、まさに政府に反対する少数者弾圧の問題です(試合では出ていませんが憲法で有名な判例であり、イラク派兵反対のビラです。)。こう見ると、この問題も、上で見たマイノリティ言論抑圧の事例につながっていくわけで、真っ当な議論をしているとすべての議論が連関しているのだということの好例です。
このように、Negは筋のいい議論をたくさん出しており、かつ、その位置づけにも十分自覚的だったとは思うのですが、やはり議論の量が多すぎたからか、これを体系的にまとめるところまで上手く行き着いていなかった感はあります。海外事例のエビデンスを少し減らしてでもこのあたりの話を丁寧にやる方がよかった気がしますが、ディベーター心理的にそれが容易でないこともまたよく分かるので難しいところです。

といった決勝戦でした。いずれトランスクリプトが公開されるようですが、いろいろと考えさせられる試合であり、最初は正直どうかと思った論題ですがなかなか面白い議論が見られてよかったな、という感じです。JDA-MLに入っていない方は公開を心待ちにしてください。その際には、字数が多いとかいう表層的かつどうでもいいことにではなく、議論の中身に注目してください(まぁ、実際あれだけの量をきちんと分かる形で話せるのも実力の高さですし、観ていて高まりを感じるポイントではありますが。)。

最後に、ヘイトスピーチ論題でどういう議論が望まれたのか、ということにつき、Negの話は上でざっくり書いたので、決勝で深掘りが足りなかったAffの立場から考えてみることにします。
Affにおいて、Negの「対抗言論の方がよい」「言論規制はよくない」という立場に対抗するには、規制の必要性を、在日の方など特定マイノリティの話だけで基礎づけるのではなく、言論規制の根拠と同じ位相において展開していく必要があります。具体的に言えば、言論規制は、表現の自由を保護するために行われるのだ、ということです。
これは経済的自由に対する規制のことを考えると分かりやすいことです。独占禁止法では、カルテルや談合など、不当な取引が規制されています。これは、経済を規制するものではなく、むしろ市場の公正性を保ち、自由経済を健全にするためのものととらえられています。表現の自由においても同様のことはあり得て、言論の自由市場の健全性を破壊するような言論については規制する必要があるという論陣を張ることが可能です。そして、そのような「不健全な議論」こそが、ヘイトスピーチだというのが、Affの論証すべき命題です。
ここで、上で触れた、Affの伸ばさなかったヘイトスピーチの「拡散再生産」という性質が活きてきます。さらに踏み込めば、ヘイトスピーチが差別意識、さらには現実の差別行動を助長するのだ、ということを主張していく必要があります。ヘイトスピーチの問題は、それが非理性的であるがゆえに理性的な反論ができないこと、それでいて対象の価値を切り下げる効果があることだと思います。このような、理性的な言論で対抗できない悪質な議論が広がっていくことで、対象となるマイノリティが痛み、言論市場においても発言機会を失っていくのだとすれば、それは、表現の自由の文脈においても許されないことであり、まさに表現の自由の名のもとに規制されなければなりません。
これでようやくAffの議論はNegと同じ舞台に立つことになります(より具体的な保護の必要性があるので少しAffが有利と言えるかもしれません)。その上で、Negの主張する萎縮効果論ないし規制の濫用に対してどういう回答を用意するかが、Affの次の関門です。正直なところ、この議論を完全に否定することは難しいのですが、Affの回答としては、それでも規制が必要であれば進めざるを得ない、ということになるでしょう。これを支える議論としては、判例などで明確化を図るというpracticalな話のほかに、今後日本でマイノリティが問題になるようなセンシティブなissueがたくさん出てくる際に、健全な議論環境を整える必要がある、というものが考えられそうです。Negも少し出していましたが、たとえば移民問題は、今後日本でも問題になるでしょう。Negの文脈ではそこで言論が萎縮する、ということになるのですが、むしろ、マイノリティ差別的なヘイトスピーチを許してしまう社会では、移民問題を理性的に論じることはできなくなる、というのがAffの切り返しで、これは詰めるとAffのほうが有利になりそうです。海外の事例では実際上手くいっているところもあるようで、民族問題などで海外においてヘイトスピーチ規制が先行しているが、今後の日本でも同様の問題がやってくるのであり、その時までにヘイトスピーチに対する対抗手段を持たないままでよいのか、というのが、Affの大きなストーリーとなりそうです。

とまぁ、こんなことを考えたわけですが、実際に試合にしようとすると難しいのだとは思います。しかし、今後もディベートという活動が価値あるものとして認知されていくためには、こういった議論が集積されていく必要があるのではないかなとも思います(ちなみに補足しておくと、決勝出場者も含めて、少なくないディベーターは、こういった感じの話をしています)。ディベートの試合でWorkするかどうかという話はよく聞くのですが、大きなストーリーとしてどういう議論があり得るのか、あるべきなのかという話があんまり聞かれない気がするので、いつもながら試合に出ていないのに偉そうに書いているということを承知の上で、コメントさせていただく次第です。

といったところで、おそらく今年最後の記事は終了です。相変わらずクリスマスの予定はないですが仕事がありますので…。
皆さま、よいお年をお過ごしください。
スポンサーサイト
第16回JDA秋季大会決勝の感想
あけましておめでとうございます。
それほど記事を書く時間が取れないのは相変わらずですが、若干ながらご覧になってくれている方もいらっしゃるようですので、機会があれば何かしら書こうとは思っておりますので、気の向いたときにご覧になっていただけますと幸いです。
なお、本ブログの内容がカオスすぎて何を読めばよいのかわからないという声が聞かれましたので、(読まなくてよいというのが正解かもしれませんが)カテゴリを若干整理しています。とりあえずディベート甲子園にかこつけて書いている記事はそっちにぶち込んだりと適当な分け方であり、また、一つの記事に複数のテーマがあったりするので、参考程度でしかないのですが、ディベート理論に関する記事を避けるという消極的な意味だけはあるかもしれません。

さて、今回の記事の本論は、通例より大幅に早く公開されたJDA秋季大会のトランスクリプトをもとに決勝戦を批評するというものです。結婚式に出席していた事情で大会を生で見ていないので、トランスクリプトの内容にのみ基づいた記事で、臨場感には欠けるところです(ディベートの試合の感想で臨場感ってなんなのかはよくわかりませんが)。なかなかレベルの高い試合ではあると思いましたが、プレパもせず傍から見ている無責任な立場だからこそ言える内容として、いろいろ好き勝手述べておりますので、そういうものだと思ってお読みいただけますと幸いです。
なお、トランスクリプトはこちらです。


1.全体の感想
論題が解雇規制の緩和という難しいものであったことを踏まえると、レベルの高い決勝戦であるように思われます。両チームとも力のあるディベーターであり、よくリサーチした内容を、よく戦わせている試合だということができます。
議論内容についても、Affは解雇規制が雇用を硬直化させているというストーリーを一貫させつつ実証研究によって議論を強固にサポートしており、NegはDAの色付けとして解雇される人間にとっての解雇の辛さを証明することで対抗しようとしており、工夫が見られます。

しかしながら、両チームともに、せっかくテーマ付けをしているのに議論がいまいちそれに乗っかっていないようで、深みを欠くように思われたことも事実です。またこの調子かよ…という声が聞こえてきそうですが、2014年も弊ブログはそういうテンションですので、以下、こういう議論もあり得たのではないか、という観点で見ていくことにします。

2.解雇規制論題であり得るストーリー
Affの場合
Affのケースでは、最初にディベート界ではおなじみの瀧本本最新刊を引き、産業の浮き沈みのサイクルがどんどん短くなっているという話を入れています。これは出だしとしては非常によいのではないかと思いました。しかし、その後この議論が活かされているかというと、あまり活かされていません。1ARが最後に内閣府のエビデンスと一緒にちょろっと述べており、これはよかったのですが、2ARではスルーされており、ケースの内容自体も単に失業減らそうぜと言ってるだけに聞こえて、よくありません。お前瀧本って言いたかっただけだろ、みたいな感じです。

まず、こういう「最近は~なので」という話を入れる際には、昔はどうだったのかという議論を入れることが有効です。今回の場合、昔は終身雇用が合理的だった(けど今はそうではない)ということでDAを叩き、「Negはたくさん失業するとか言っているが、放置しておくとみんなつぶれて失業になる」という議論をやらないといけません。これは、道州制論題のAffで「このままだと地方財政が成り立たない、福祉が死ぬ」みたいな話をする際と同様であり、「このままだとヤバい」系のシナリオの立て方としてレパートリーに入れておくことをお勧めします。
今回の試合でも、材料はいろいろと揃っていました。NEWSポストセブン(2枚とも)や生島の資料もそうですし、1NRの磯山の資料もよいです。こういった資料をベースに「今のままだとまずい。流動化させれば変わる」という、流れのある反論をぶち上げてほしかったところです。また、2ACで出ている「失業したとしても、再就職が容易になる」という話も、単に出すのではなく、そもそも長続きしない時代なので再チャレンジを簡単にするほうがよい、ということでテーマと結びつける必要があります。

また、今回の論題では、もう一つ「昔とは違う」という話が出せたように思います。現在雇用規制で「守られている」中高年の場合、今とは違って日本経済が上向きで、就職は容易だったのではないか、ということです。そういう環境では、将来首を切りにくいということで雇わないということはなかったものと思われます。それに比べて現在では若者が割を食っているという形で、DAの深刻性を相対的に落としていく議論ができそうです。

上記のような話をするためには、ケースでもう2枚ほど、現在の経済状況や産業形態に照らして長期雇用慣行が不合理になっているという話を入れておくことが望ましいでしょう(内閣府のエビを1ACに回してもよいかと思いました)。その代わりに、ケースで読んでいたアメリカやインドの分析は2ACに回すことが考えられそうです。DAへの攻撃もかねて「中長期的に上向くことは実証されている」という一つの攻撃を作っていくということになります(磯山のドイツの例もそこで読んだほうがわかりやすいでしょう)。
1ACと2ACでどういう議論分担をするかというのは難しいところがありますが、大きな絵は最初に描き、各論にあたる実証研究などの議論は後に回すという構成のほうがわかりやすいかなとは思います。また、良いストーリーが最初に出ていると、DAが出てきた際に「でもAffのストーリーからすると返っちゃうよな」という印象が出て、相手にとっても嫌だしジャッジの心証も違ってくるはずです。あと、この試合の2ACで出ていた奥平の国内の判例に関する議論は、後でもNegに叩かれているとおり、一見明白に怪しい分析で(法律家が気にするとすれば「その裁判所の判例かどうか」ではなく「どこが出した判例か」で、東京や大阪の地・高裁だと影響力は大きいかな、といったレベルです。経営者はなおのこと「どこの判例」なんて気にしないでしょう)、こんなのを読む時間があったら1ACの議論を回す余裕もあるだろうということもあります。

また、上記のようなストーリーを前提とする場合、2ARが言っている「そういう状況[注:失業]になる人が、現状とプラン後、どちらが多いのか」という単純な数の比べっこにしてNegの土俵に乗ってあげる必要もなく、これから先の産業状況に即した雇用法制はどっちだ、という一段上の話にまとめるべきだったところです(その上で、中長期的に見れば失業者数もAffのシナリオのほうが少ないとダメを押せばよい)。このあたり、個人的には2ARはもう一歩だったように思います。

Negの場合
NegはAffに比べてストーリーが作りにくく、たいへんな論題であったと推察されるところです。長期雇用慣行に不合理な点が出てきている…というのは、否定しがたい事実のように思われるからです。

一つの方策は、今回Negが出しているような、雇用を維持されることを前提に頑張ってきたという話で「いきなり長期雇用慣行を変えるべきではない」という論陣を張ることです。サービス残業などの議論も、長期雇用慣行を前提にしているので長くいないとどうしようもなくなった人がやられてしまうという文脈で位置づけなおせば、さらにストーリーを補強できたはずです。
ただ、「いきなり長期雇用慣行を変えるべきではない」という話だけでは、中長期の分析に対して劣位におかれてしまいます。2NRは「長期的には、中長期、っていうことは一緒なんですが、だったら私たちの方を重視すべきです」とかいう話で反論を試みていますが、全く説得力はなく、Negのストーリーの限界が露呈してしまっています。また、ジャッジの層を見ても、総じて若いor終身雇用で守られてる側の人間ではないと思われるわけで、この議論でジャッジのハートを掴むのはそもそも苦しいところです(僕なんて建前上は労働者ですらないですからね…。)。

そこで、「いきなり変えるな」という論陣で頑張るのであれば、漸進的に改革すべき/されている、という議論とセットで戦う必要があるということになります。例えば、派遣労働が増えているといった話は、限定的ではありますが長期雇用でない働き方の広がりを言う議論だといえます。派遣は地位が低いという話もありますが、プラン後の正社員は雇用保証もないわけで、派遣とどこまで違うのか、というところです。
また、Counterplanを出すということもあり得るところです。たとえば、現在は(契約の態様等によりますが)解雇権濫用法理が類推適用される有期雇用については一定の要件の下で期間満了後の解雇を認める、という法整備を行うことで、スポーツ選手よろしく毎年契約が見直されるような働き方で、プランと同様の効果が「今後」見込めるかもしれません。ここで重要なことは、これまでの長期雇用対象者は守りつつ、今後の雇用についてはAffの分析を容れて「必要な時に必要な人材を必要な分だけ雇い入れる」ことを認める、というストーリーを作れないかということです。もちろん、このような議論はエビデンスが少なかろうと思われますし、Non-Topicalityの問題もありそうですが、座して死を待つよりはチャレンジする価値があったのではないかと思います。

あとは、この試合では出ていませんが、長期雇用慣行によって競争力が生まれることもあるという視点も議論としてはあり得ると思いますが、これは立証上簡単ではないのと、そういう企業は言われなくても長期雇用を確保するのではないか、という反論がありそうなので(ただ、法律で守られているのと、企業が「うちは長く雇うよ」というのでは安心が全然違うので…ということはあるでしょうが)、出すとしても主力の柱にはなりにくいかもしれません。

3.決定的に有利な点をダメ押しする
議論の内容については以上で述べたとおりですが、ここではもう一つ、この試合で見ていて面白かった1ARを素材に、さらにインパクトのある議論展開ができないか、という視点で書いてみることにします。

今回の試合でベストディベータはおそらく2ARに与えられたのだと思いますが、個人的には1ARがベストディベーターだったと思います。重要な点を漏らさず返していることもさることながら、最後に(もっと早いステージで出すべきだったということはありますが)内閣府のエビを読みつつ瀧本エビデンスに回帰して締めるという2ARもやらなかったスピーチをしている点もimpressiveでした。
また、ディストーションというのは言い過ぎですが、Negのエビデンス引用が恣意的であることを指摘しつつ反論している点も非常に説得的でよかったです。

その上で、この試合でより完全にAffの勝利を決めるという観点からは、議論の盛り上げどころを絞って、そこでひとつ確実に勝負をつけるというスピーチがあってもよかったかもしれません。この試合でいえば、実証分析や海外の例がいずれもAffに有利であるという点を指摘することがあげられそうです。
すなわち、この試合では、海外の例として
①アメリカとインドで解雇規制緩和のほうが失業率が低い(1ACの奥平2枚)
②解雇規制の緩いデンマークと厳しいオランダでは後者のほうが失業率が低い(1NCの森永)
③ドイツでは解雇規制緩和で失業者が激増(2NCの磯山)、しかしその後失業率回復(1ARの磯山)
とあるのですが、このうち①はAff有利、②は解雇規制との関連性不明で弱い、③は長期的にはAff支持と、Affが有利に戦える公算が大きい論点となっています。ここで勝つことが試合の勝敗を左右することさえ説明できれば、Affの勝利は決定づけられます。

そこで、例えば、1ARを下記のようなスピーチではじめ、2分ほどをこの論点に注ぎ込むという手があったかもしれません。
「Negの主張は、解雇規制緩和で失業者が増えるというものでした。この主張が正しいかを判断するには、解雇規制が緩い海外の例を見るのが一番です。そして、この試合で出ている実例は、いずれもAffの主張、すなわち、解雇規制で中長期的に失業が減るということを示すものか、論題と無関係な例です。」

この後で①~③を各個撃破していくことになります。
①については、まず1NRの国際比較が無意味という批判は、国内比較であるアメリカとインドの例には当てはまらないことを指摘し、そのことは1AC2枚目の奥平ではっきり述べられている(なので追加引用は不要だった)からNegの批判は全く的外れであるとして一蹴したうえで、1NCの因果関係と相関関係云々の議論は推測にすぎないうえ、アメリカでは最終的に全州で解雇が自由になっており(奥平の1枚目やポストセブン2枚目はそのことを示唆)、失業率などで場当たり的に緩和されたものではないことが明らかであるといった反論が可能です。
②については、解雇規制に差がある2国を恣意的に取り出して並べただけで解雇規制との関連性が不明である上、まさに1NRも述べたような2国間の国際比較であるから、自ら理由にならないことを認めてしまっているといえば落ちるはずです(僕がジャッジなら指摘がなくても落としていると思います)。
③については、1ARがそうしたように結論を引用し、彼らは都合の良い途中経過のみ引用したが、結果は失業率が落ちるのであり、まさにNegのDAは途中経過を述べるに過ぎないことが実証されている、とひっくり返せます。
この程度反論しておけば、Negも再反論は難しいと思われます(実際の2NRの反論は「ドイツっていうのも、好況になったから、だから雇用を増やしただけであって…」など無根拠で、到底採用できないものでした)。

実際には1ARでここまで整理立ててスピーチすることは難しいことは承知の上ですが、このくらいリサーチしているのであれば、実証分析ではまずAffが勝てるという公算が立っているのではないかと思われますので、どこかの段階でそこに的を絞ったスピーチができるよう戦略を立てるということはあってよかったかもしれません。

なお、2ARの例ではありますが、自分たちの分析の有利な点を整理してアピールするという点では、たとえば第2回JDAのトランスクリプトの2ARなどが参考になります。こちらは、臓器移植合法化論題で、肝臓移植に的を絞った分析をしている点をアピールするなど、どこで勝っているかを明確にする非常にまとまったスピーチになっており、とても勉強になるものです。1NRや1ARでそういうスピーチをするとすれば、上記のように、もう少し細かく議論を見ていくことになるのだと思いますが、臓器移植論題の1ARは残念ながらその点での参考にはなりません。

4.最後に
以上、解雇規制論題のJDA決勝戦の感想です。いろいろ好き勝手書いてしまいましたが、総じてレベルの高い試合であり、決勝で戦われた皆様の努力には頭が下がる思いです。

解雇規制の問題は非常に考えさせられるもので、本来は労働法の体系も含めていろいろと見直しが必要なところだと思います。実務的には、そもそも労働者をひとくくりにして保護を与えてよいのかというところもあって、たとえば日本の労働法では、雇用契約に基づいて勤務していれば、年俸が億を超えていても労働者としての保護を受けることになります。Affも指摘していた通り、日本の労働法制は判例法理で形成されている面が多く、総じて労働者保護に傾いているのですが、そのことがかえって労働者の契約条件を引き下げる(例えば、解雇しにくい分だけ高い報酬を保障しにくい)ことになっている場面もあります。工場労働者が主たる保護対象だった時代と、外国人の雇用なども含めた新しい働き方が求められている時代で労働法がそのままであってよいのかというのは日本にとって切実な問題であり、多くの人にとって他人事ではない、重大な問題でもあります。そういう難しい問題に果敢にチャレンジされた今季論題の参加者に敬意を表して、今回の記事を終えることにします。

なお、今年の春季論題である遺伝子組み換え作物(食品?)の規制についても、高3のとき体験した経験からして難しいことは請け負いますので、こちらも果敢なチャレンジを期待しております。僕は選手はちょっと、というかかなり無理ですが、今度は大会を見に行きたいと思っております。
2立論形式ディベートの基本的な戦い方
例によってしばらくご無沙汰しておりましたが、たまにJDAの練習試合のジャッジをやったりする機会があり、また先日は九州のディベート大会に呼んでいただく機会があり、この謎のブログを見ていただいている方がそれなりにいるようでしたので、たまには記事を書かねばということで久々に更新してみます。

今回は、試合を見ていて2立論形式のディベートに慣れていない選手が少なくないように思われることに鑑み、2回立論形式で特に難しい否定側の戦略として典型的な2立論的展開(Two constructive development: ツーコンとか呼ばれます。以下「2con」と略記)の方法をやや詳しめに説明してみようと思います。2立論形式のディベートについては新出議論の判断基準を中心として以前にも書いているので(こちら)、そちらも適宜ご参照ください。

その他、九州の大会に行ったときには謎のパネルディスカッション企画があり、生徒の方々からの質問にお答えする機会があったのですが、ディベーターもいろいろと進路に悩まれていたりするようですので、ディベートとの関係で現在やってる仕事の話とかを書いてもいいかなと思っています。自分語りはあまり好きではないのですが、一応今やっている仕事はディベートにとても近いところがあるので、ジャッジ(裁判官)を説得するということとディベートでの工夫の共通点や、実際の社会でTopicalityのような議論が熱く戦わされていることなんかの説明は、ディベーターの方々にも少しは興味深く思っていただけるかもしれません。

といったところで前置きは終わりにして、本題です。


1.2conの基本的な考え方
2conというのは、ざっくり言うと、2回の立論を使ってデメリット等の議論を立てる否定側の戦略のことをいいます。否定側は、肯定側と異なり、第二立論と第一反駁が連続しており(ネガティブブロック)、ここでたくさんの議論を展開することができます。このフォーマット上の利点を最大限活かして、ネガティブブロックの終了時点でできるだけ多くの否定側の議論を、「肯定側第一反駁で対処できないような形で」展開していこうというのが、2conの狙いです。

ここで「肯定側第一反駁が対処できない」というのは、単に議論の量をたくさん出すということだけではありません。ルール上、肯定側は、否定側第一立論に対して肯定側第二立論で反論できなかったところに対しては、もはやその後反論することができません。否定側はこれを活用し、否定側第二立論の時点で肯定側から争われたところに的を絞って議論を展開することで、余分な個所について議論を繰り返さず、肯定側に対して絶対的な時間的優位を保って議論することができます。
例えば、肯定側がデメリットの固有性と発生過程だけに反論してきたのであれば、深刻性は第一立論の内容のまま争われなかったのですから、否定側は反論を受けた残り2つの要素に集中して議論すればよいわけです。ここで、深刻性の内容を付け加えようとすることは、かえって肯定側に反論のチャンスを与えてしまいます(一般的にはターンアラウンドをつけられる危険があるといわれます。もっとも、そう簡単にターンがつくものではないとは思いますが、重複する分時間がもったいないという意味で、付け加えの議論が賢い選択と言えないことは変わりません。)。

このような形で議論を展開するためには、否定側第一立論でデメリットをフルで立てるのではなく、メリットへの反論も含めて、否定側が最終的に展開したい議論の骨格だけを提示する、という方法がとられます。
以下、このあたりをもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

2.2conの具体的な議論方法

(1)否定側第一立論の内容
一立論形式しかしたことのないディベーターにとって2conで一番慣れないのは、否定側第一立論で何をどの程度議論すればよいかということでしょう。
分かりやすいところでいえば、デメリット1つを2~3分くらいのボリュームで立て、デメリット1つで行くならおよそ3分をメリットへの反論(ケースアタック)その他の議論に充て、デメリット2つなら2分くらいをその他の議論に充てる、といった時間配分が一般的だと思います。ここで重要なことは、大事な議論=その後の再反論も十分にあり、きちんと議論することで勝ちにつなげられる可能性が十分にある議論については、第一立論の段階でできるだけ出しておこうということです。

2~3分で立てるデメリットですから、場合分けなどの面倒な議論は避けて、3要件についてそれぞれ1枚くらい(発生過程は2~3枚要るかも)のエビデンスで論証し、大まかな筋を見せられればそれでよいです。ただし、当たり前ではありますが、相手がドロップしてくれても立論段階で立っていなければ元も子もないので、一応反論がなければ成立しているレベルの立証は必要です。
他方、反論に備えて普段読んでいるような資料や、そこまでキモでない部分の実例などについては、思い切って落としてしまって結構です。どうせ反論が来ますので、それに合わせてそうした議論を展開すればよいですし、そちらの方が相手の反論にマッチした最適の議論を出せるので望ましいです。

2conで大切なことは、デメリット以外の議論も第一立論の段階である程度出す、ということです。特に、ケースアタックとして、メリットに致命的なダメージを与えられるような争点(反駁)を出すことを目指しましょう。ここで出した内容が、否定側第一反駁でさらに深められて、メリットに致命傷を与えるイメージです。
2conというと「デメリット」を二回の立論で立てるといった理解をしている人もいるようですが、デメリットだけではなく、その他の議論についても、ネガティブブロックを通じて立て直すことが当然期待されています。TopicalityもCounterplanも、第二立論や第一反駁を使って立て直していくことを考え、骨格を出すイメージで議論を作っていくとよいでしょう。

(2)否定側第二立論の内容
否定側第二立論では、その後に続く否定側第一反駁との役割分担が重要になってきます。ここで、重複せずに、かつ、分かりやすい形でネガティブブロックを決められるかが、否定側の運命を決定づけます。

多くの場合、否定側第二立論ではデメリットの再構築を担当します。純粋な反駁だけで返るのであれば(例えば、相手のデータを排斥するなど)第一反駁に回してもよいのですが、相手の反論に対処する形でリンクを追加したり、違う観点のインパクトを加えてみたりすることも含めて議論するには、第二立論でデメリットをフォローする必要があります。
デメリットを2つ出しているときは、肯定側第二反駁の反論に合わせて、両方とも伸ばせそうなら伸ばすものの、より有望そうな方だけ伸ばし、潰れてしまったものは捨てるという選択も重要です。僕は貧乏性なのでよく全部伸ばしたくなってしまうのですが、際どい試合であればあるほど、思い切って捨てることが大事になってきます。肯定側に反論の時間を使わせただけでも儲けもの、と思ってあきらめるということです。

否定側第二立論での「再構築」の理想は、フローシート上で見ると、肯定側のそれぞれの反論に対して、複数の再反論が行われ、完全に肯定側第二立論の議論を覆ってしまうというイメージです。このような議論を行うことで、デメリットは再反論で完全に補強されてしまい、肯定側はこれを覆さなければならなくなってしまいます。

また、否定側第二立論では、ケースアタックの追加もよく行われますし、行った方がよいと思います。本当に重要なものは第一立論で出すべきですが、ケースアタックは否定側にとって非常に重要ですので、第一立論で出したものとは異なる観点からの反論も追加して、肯定側第一反駁にプレッシャーをかけていくべきです。
第一立論と第二立論のケースアタックの役割分担としては、例えば、第一立論では内因性を攻撃し、第二立論では解決性をたたくといったことがわかりやすいですが、できればストーリーとして意味のある役割分担ができるとよいです。解雇規制論題で言えば、第一立論で企業の立場からの議論を並べ、第二立論では従業員の立場からの議論を出す、といった形です。
デメリットの再構成と追加のケースアタックを関連させて、デメリットをケースアタックとしてメリットにぶつける戦略もありでしょう。解雇規制論題の議論でも、雇用の流動化が望ましいというメリットに対して失業のデメリットを普通に立てておいた後、否定側第二立論では再雇用のマッチングが難しいという議論を徹底的に展開して、失業のインパクトを補強しつつメリットの解決性を切るということが考えられます。

(3)否定側第一反駁の内容
否定側第一反駁は、第一立論で撃ったケースアタックのフォローを行うのが一般的な役割分担です。デメリット等その他の出している場合には、それらのうちいくつかを引き受けることもあります。ともかく、第一立論から争われている内容を中心に、特に重要な部分を分かりやすく説明するという、一立論形式で言うところの第二反駁的な要素も含まれるスピーチという趣きです。

なお、否定側第一反駁でも、エビデンスを読むことは当然ありです。ただし、これまでの議論の分析を深めるという位置づけですので、相手の議論をきちんと総括した上で、それを否定するための分析として、立証を行う姿勢が、他のスピーチ以上に重要になってきます。

(4)実例
2conの実例がJDAにないかな…と思って探したのですが、JDAのトランスクリプトはほとんどが春で、2conの模範というべき議論をしている職業ディベーター安藤氏のスピーチが公開されていないので、なかなか良い例がありません。というわけで、ちょっと古いですが、2006年春JDAの弾道ミサイル防衛中止論題の決勝戦を紹介しておくことにします。
ゼロワンMAXディベートクラブなる怪しいベテランチームが、後輩であるESSのOBチームをボコボコにしている試合です。

この試合では、否定側第二立論がケースアタックとデメリット1をスピーチし、否定側第一反駁がデメリット2をスピーチするという分担になっています。ケースアタックを第二立論で話しているのは、この試合のメリットが立論時点で解決性に疑問があり、そのことを指摘しておしまいという構図になっているので、「重要なものは初めに言っておくほうがインパクトがある」ということなども踏まえて第二立論で片付けてしまったのだろうと推測されるところです。
第一立論での議論の出し方や、その後の伸ばし方について、参考になるかと思います。

3.2conのために準備すること
上記のような議論を行うためには、まずはコンパクトなデメリットをいくつか作ることと、第二立論で再構築するために論点ごとに整理された資料・議論の原稿を作ることが必要になります。再構築については、こういう反論が来たらこういう議論で返そう…という、普通の反駁原稿と基本的に同じです。

もっと重要なことは、パートナーとの役割分担だと思います。それこそゼロワンMAXチームのように経験を積んだディベーターであればその場でうまく分担できるわけですが、普通のチームは、練習試合を通じて、第一立論で何を出すか、その後どういう分担で議論するか…ということを実地で試して慣れていくことで、その論題での役割分担を固めていくのが無難です。もちろん事前での話し合いや、原稿の共有・確認は必須であり、最終的にどういう議論にしていきたいのかという共通のイメージを持つ必要はあるわけですが、事前話し合ったとしても、いざ試合をしてみると二人で同じエビデンスを読んでいたりするというのはよくある話です。

4.肯定側の戦略
最後に、おまけ程度に肯定側の戦略を書いておきます。
肯定側は、二立論形式であっても、一立論形式と基本的に変わりません。最初にできるだけ強いメリットを出し、第二立論ではとにかく否定側第一立論の内容にできるだけ全部返しきる。第一反駁以降も、一立論形式と同様、重要な部分に絞って何とか抜け穴を作り、逃げ切るということです。

肯定側のフォーマット上の最大の利点は、最後にスピーチできるという点です。最後まで残し切れれば、肯定側が勝てる、ということです。
この利点を生かすには、メリットを手堅く作り、それを縫って勝ちきれるような道筋を何とかネガティブブロックの後に用意できるようにしておかなければなりません。ですから、(これは一立論形式でも同じだと思いますが)メリットを2つ出すというのは、基本的には推奨されません。

あとは、肯定側第二立論で腰の入ったターンアラウンドを絡めて攻めの姿勢を見せることで、否定側第二立論の負担が増えてネガティブブロックを弱めることができるかもしれないので、そのあたりは少し意識してみてもよいかもしれません。


以上、簡単に説明しておりますが、2conも実際やってみないとなかなか分からないところがあるので、試行錯誤しながら自分なりの二立論ディベートのやり方を見つけていってほしいと思います。
二立論を活用した戦略というのは、それこそいろんなものが考えられますから、ここでパターン化して説明することは難しいです。二立論ならではの、流れのある議論を展開していっていただけることを期待して、記事を終えさせていただきます。
copyright © 2005 愚留米の入院日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。