FC2ブログ
 
■プロフィール

アカデミックディベーター

Author:アカデミックディベーター
日当たりの良い某法科大学院を2009年3月に卒業。
ライフワークである競技ディベートについてぼちぼち書いています

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
証拠資料の証明力をいかに判断すべきか
今回の記事は、ディベートにおいて重要な要素である証拠資料について取り扱うことにします。本ブログでは、主に理論的な興味から証拠能力(証拠として認めてよいかどうか)の議論を中心に取り上げてきたのですが、今回は、実践的により重要であるにもかかわらず、誤った理解が散見されるところである、証明力(証拠がどこまで信用できるのか=強いのかの評価)についての問題をメインに取り扱うことにします。特に、証拠の出典や著者の権威性が証拠の証明力にどのような影響力を与えるのかという点を中心に、証拠資料をどのように評価すべきかということをいろいろと考えてみようと思います。

証拠資料がなぜ有効なのか、証明力はどのように評価するのか、ということを考えることは、単に議論の質を高めるということだけでなく、ディベートという競技を価値あるものにしていくために必要なことでもあります。ディベートを知った気になっている人の中には、調査型ディベート(アカデミックディベート)が、エビデンスを片っ端から集めては当日それで殴り合う競技であるとか、情報とデータで殴っているだけの不毛なものだとかいう頓珍漢なことを言っている御仁もいるのですが(ご参考。なお、この著者が即興型ディベートにどの程度通じておられるのかは謎ですが、記事内で取り上げられている即興型ディベートも価値ある営みであるということは全く異論のないところです)、とにかく証拠を読んでおけばいい、それが勝つための方法だ、といったことを考えているディベーターがいるとすれば、それもまた頓珍漢な理解に基づくものであり、不毛な営みであるとの誹りを免れません。
自分たちが議論を評価する際の方法論についてきちんと考察し、それを実際の議論に活用してこそ、良質なディベート実践が実現するのであり、以下の考察の内容を別としても、証拠資料の意義や評価の在り方については、選手としても、指導者としても、よく考える必要があります。

1.証拠資料の内容に証明力が認められる理由
ディベートでは、主張を立証するための根拠として、文献などを証拠資料として引用することが一般的とされています。ディベートでは議論の中身が評価の対象になるわけですが、わざわざ証拠資料を引用することになっていることには、同じ中身でも、証拠資料に書いてある内容を選手がそのまま述べるのと、引用という形で提示するのでは、扱いが異なるという前提があります。
なぜこのような違いが生じるのか。主な要素としては、(i)議論当事者ではない第三者の発言であること、(ii)権威性ないし専門性、事実に関する知識、研究や分析の存在といった形で、立証対象との関係で主張内容の正しさを基礎づける要素があること、の2つを考えることができます。

もっとも、(i)の要素は、議論当事者の発言であっても内容が説得的であれば評価するし、逆に、第三者の発言だというだけで信用できるわけでもありません。むしろ、この要素は、(ii)に関連して、議論当事者ではない第三者の発言内容については、発言者の属性に基づく信用性を認めてよいという消極的な意味合いであると理解すべきでしょう。ディベートの試合では、議論当事者(選手)は対等な立場で議論しているのであり、選手が誰であるかということが勝敗に影響することは、公平性の観点から否定されます。むしろ、そういった「選手が何者か」という要素は、判定上積極的に排除されることになります。したがって、飲食店禁煙論題で疫学の専門家が選手としてたばこの危険性を論じたことが信用性にプラスに働くわけでもなく、また、死刑廃止論題で弁護士が選手として自分の経験に基づき冤罪の危険性を主張したとしても、それで冤罪があると評価することにはなりません。もちろん、選手がたまたま論題について専門的な知識を持っていて、そのおかげで説得的な議論を作れるといったことはあるでしょうが、あくまで議論の中身が評価されるのであり、誰が言ったかということで勝敗が決まることはあってはなりません。
なお、上記のように考える理由は、選手の属性によって議論が評価されるのは競技として不公平であるということによるものですから、選手の意見が公刊されて相手方も引用できる形の文献になっていた場合に、自分で自分の文献を引用するということは、全く禁じられませんし、そのことでマイナスに評価される筋合いもありません。選手は、判定上はいわば無色の「肯定側第一反駁A」「否定側立論B」のように扱われるのであって、選手がたまたま自分で書いた本を引用したとしても、それは、選手とは別の第三者による資料として扱うことになるというわけです。

よって、証拠資料が選手の発言と異なる信用性を持ち、証明力が認められる理由は、(ii)の、発言者の属性に基づく主張の基礎づけが可能になる、ということに見出すことができます。選手の発言としてでない第三者の発言としてであれば、専門家の権威性や、発言者の知識、研究結果に基づく知見を借りてくることができる、というわけです。
この、属性に基づく主張の基礎づけが正当化されるためには、主張しようとしている内容(証拠資料の立証趣旨)との関係で、発言者のいかなる属性が、どうやってその主張を基礎づけることになるのか、ということが明らかにされる必要があります。これは個々の主張立証ごとに評価される必要があり、また、ジャッジは、ある程度簡略化しているところもあるものの、そのように評価しているわけですが、この点についていくつか誤解があるようなので、次の節ではそのことを見ていくことにしましょう。

2.証明力の評価に関するいくつかの誤解
以下では、よく見られるように思われる、証拠資料の証明力の評価に関する誤った理解を取り上げつつ、それがなぜ間違っているのかということを説明します。

2.1 証拠はないよりもあったほうがいい?
これはかなり多くの選手に見られる誤解ですが、証拠資料の内容にかかわらず、証拠資料はないよりもあったほうがよく、とりあえず読んでおけばジャッジが評価してくれる…というのは間違いです
既に述べた通り、第三者の発言であるというだけで信用性が認められるのではなく、証拠資料の発言者の属性が、証拠資料で発言している内容をどのように基礎づけているのか、ということが評価された結果、信用性があるということになってはじめて、証拠資料には証明力が生じます(さらに、選手が主張したい内容と証拠資料の言っている内容と合っているか=関連性の有無も問題になりますが、今回は取り上げません。)。ノーベル物理学賞の受賞者が、日本の政治制度について語っていたとしても、何の意味もないわけです。

おそらく、上記のような誤解をしている選手は、そこまで極端なものはともかく、理由がなくても結論だけ言っているような資料(いわゆる「一行エビ」)でも読んでおくほうがよい、といったことを考えているのだと思いますが、それも間違いです。ただ、すべてをそう言い切ることはできないので、もう少し丁寧に説明しましょう。
証拠資料の立証趣旨が比較的単純な事実に属するものであり、その事実を知っていると言える立場の人間が発言しているというだけである程度信用できるような内容については、理由がなくても証明力を認めることができます。例えば、刑事事件の有罪率が非常に高いという話は、法務省の統計を持ってくるのが一番確実ですが、法律家が「刑事事件はほとんど有罪になります」と言っているだけの資料でも、まぁそうだろうという評価になるでしょう。
他方で、複雑な事実や事実の評価も問題になるような事項を立証趣旨とする場合、専門性や権威性だけで信用することはできません。例えば、遺伝子組み換え食品が安全だとか危険だとかいった話は、科学者が結論だけ言っていても、ジャッジとして評価することはできません。判断をそこまで専門性や権威性に委ねてしまうのは、ジャッジとして無責任ということになります。どういう理由で安全/危険なのか、どの程度安全/危険なのか、といった具体的な話が出てきて、はじめて、その具体的な理由付けを専門家が語っているということから、おそらく妥当なのだろう、と納得することができるわけです。ということで、理由もないと納得できないような難しい事項については、一行エビを読まれてもプラスにはならず、読んだ時間を無駄にするだけ、ということになります。

2.2 ブログや匿名記事は信用できないから本や論文のほうがいい?
一般的に言われるのが、ブログや匿名記事は信用できない、本や論文から引用したほうがよい、ということです。これは、多くの場合はそう言えるのですが、必ずしもそうであるとは限りません。なぜ本や論文のほうが信用できる場合が多いのか、ということを考える必要があります。
ブログや匿名記事が形式面できちんとした本や論文に劣っている点として考え得るのは、匿名のものについては著者の正体がはっきりしないこと、公刊されておらず発表のハードルが低いこと、ブログやネット記事の場合いつでも変更可能なこと、といったところが考えられます。しかし、匿名であっても、例えば「~の研究者」「~勤務」といった属性さえわかれば、その範囲で権威性や専門性を認め得るので、これは決定的ではありません。公刊されていればしっかりした内容だと言えるわけではなく、論文であれば査読されている(査読のない、あるいはゆるい雑誌もたくさんある)のでその点よいですが、立証趣旨によってはレビューの有無を問題にしなくてもよい場合はいくらでもあります。いつでも変更可能であるということは、間違っていた場合修正できるという点でむしろプラスとも言えます。また、その当時の資料の存在が確認できるかは証拠能力の問題であって、信用性の問題ではありません(こちらの記事の第3項をご参照)。
実質的な違いとして、ブログや匿名記事に比べると、本や論文の中には、研究成果を反映させてきちんとまとめたものが「多い」、ということは言えます。正式な研究成果をブログや匿名記事だけにとどめることは考えにくいので、良質な資料を探すのであれば、本や論文を当たるべきだとは言えます。しかし、本や論文であれば信用できるとか、ブログや匿名記事は全部使えないといったことまでは言えないわけで、中身や言いたいこととの関係をきちんと考えていく必要があります。

場合によっては、専門家の書いた論文や本より、匿名のブログのほうが信用性が高いと考えられる場合もあります。例えば、安楽死論題における末期がん患者の苦しみや、代理出産論題における不妊治療のつらさは、自分が治療を受けているわけではない医師が論文や本で「末期がん患者の苦しみは筆舌に尽くし難い」「排卵誘発剤の注射は非常に痛く女性にとって大きな負担になります」などと書いている内容より、実際の患者がブログで苦しみを語っている記事のほうが迫力があり、説得的であるのではないかと考えられます。記事が匿名で書いてあるとしても、末期がん患者であるとか、不妊治療を受けている女性であるといった属性が明示されていれば、証明力を基礎づける属性情報としては十分です。こういった「生の体験」について、ブログであるというだけで信用性がないと考えてしまうことに対しては、資料ときちんと向き合っていないのではないかという疑問を抱かざるを得ません。

3.どこまでの内容を証拠で語る必要があるのか、あるいは語り得るのか
ここまでの説明から、証明力は「資料が新しい」「著者が偉い」「本や論文になっている」といった形式だけで評価するのではなく、立証趣旨や理由付けとの関係で著者の属性がどのように信用性を基礎づけているのかを具体的に考えた上で評価されるべきものである、ということが分かるかと思います。実際の試合では、ある程度簡略化して評価されるところもありますが、カギとなる資料については、相反する証拠との比較などを含めて、ジャッジでも色々と考えますし、選手の側でもうまく説明することが求められるところです。
以上を踏まえつつ、記事の締めくくりとして、証明力の評価について悩ましい問題を取り上げておくことにします。それは、いわゆる価値や思想に関する議論について証拠資料は必要なのか、また、証拠資料によって立証されるとしたら、それはいかなる理由によるのか、ということです。

事実に関する主張や、事実に基づく分析や検討といった内容は、証拠資料により明らかにされるべきものであり、かつ、事実に対する知識や研究の成果によってある程度客観的に明らかにすることが可能です。また、「冤罪はあってはならない」といった主張は、価値や思想に属するものではありますが、「刑事司法、人権論の見地から」そのような考え方がある、といった形で、専門分野での知見ということで考えれば、その限りで証拠資料により証明することは可能です。そのような専門分野の知見を尊重すべきかどうかはジャッジの判断に委ねられますが、論題に密接に関連する領域であるとか、日本政府(論題の主体)が尊重すべき原理であると考えられるのであれば、ジャッジに対して一定の影響力を持つことになるでしょう。
これに対して、そういうものと関係ない「価値」や「思想」に関する議論について、証拠資料による証明というのがどこまで効果的なのかは、よくわからないところがあります。実はこの点は先に論じたKritikの議論にも関係していて、例えば、難民論題で、「アガンベンは、このアーレントの議論にもとづいて、難民にこそ来るべき政治的共同性を見なければならないという。「おそらく、現代の人民の形象として思考可能な唯一の形象であり、この難民というカテゴリーにおいてはじめて、到来すべき政治的共向性の諸形式および諸限界を垣間見ることができる」。こうしてアガンベンは、これまで政治的なものの主体を表象する際に使ってきた諸概念をいささかの留保もせずに放棄して、「難民というこの唯一の形象からわれわれの政治哲学を再構築することを決断しなければならない」と述べるのである。」などと引用されたところで(こちらの2NC参照)、それで、難民から政治哲学を再構築しないとだめだ、ということで評価することになるのでしょうか(そもそも言ってることがよくわからないエビデンスであるのですが)。仮にそう評価すべきだとして、その理由は、政治哲学者であるところのアガンベンが言っているから、ということになるのでしょうか。しかし、そもそも、哲学的命題は哲学者の権威性によって基礎づけられるものとしてしまってよいのでしょうか?
哲学者は哲学的命題について普通の人間より力を入れて研究しているはずで、特に著名な哲学者であれば(アガンベンは知りませんでしたが)一定の評価も得ているので哲学的命題に対する考察の妥当性も認められている、といったことは言えなくもないのかもしれませんが、先行研究や権威性によって哲学的命題を決定するということは哲学の在り方とも整合しないように思われますし、特別な素養を持たない一般的ジャッジにとっても、政策評価の場面で、哲学や一般的価値に関する言説を、哲学者が言っているだけで内容によらず信用するというのは、通常の思考様式の範囲外だと思われます。

以上を踏まえると、価値に関する議論は、「関連領域ではこのような価値が尊重されている」ということを「参考情報」として提供する限りで(とはいえ適切な論証であれば事実上かなり有効な形で)意味があるものの、一般的な価値や思想に関する議論は、証拠資料により第三者の属性を用いて立証することは困難ではないか、というように思われるところです。その部分は、限られた時間の中でのディベーターの雄弁と、あとはジャッジの良心に委ねられるところになりそうです。
それではジャッジの裁量が広すぎないか、新しい議論に開かれていないのではないか、という疑問も出てきそうですが、議論というのはそういうものではないかという気もしています。むしろ、ディベートだからという理由で、選手以外の権威が言っているというだけで「本来認めない権威性」を認めること自体が、ディベートの所期するところに反しているように思われます。

ということで、証拠資料の証明力をどう考えるのかという問題も、最後はジャッジのあり方に関わってきます。難しい問題でもあるので、なお考えていきたいところです。

ディベート理論関連の記事 | 20:14:56 | トラックバック(0) | コメント(2)