愚留米の入院日記
日当たり良好の某法科大学院既習病棟を退院した法務博士の日記。しかし内容はほとんど趣味のディベートの話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディベート甲子園判定手続法の概要(新版)の公開
先日予告していたディベート甲子園のルール(全国中学・高校ディベート選手権ルール)についての解釈などをまとめたジャッジ向け(?)のマニュアルができましたので、公開させていただきます。

ディベート甲子園判定手続法の概要(新版)



「新版」とあるように、過去に同じテキストを公開していたのですが(現在サービス終了で消滅)、旧版では細則Aについての解説などが抜けており、ディベート理論についての解説も省いていました。
今回は、ルール全体について漏れなく解説するということと、関連する範囲でディベート理論のさわりについて説明を加えたという点を中心に、大幅に加筆修正をしています。ボリュームは本編100頁で、冷静に考えるとジャッジングに必要かよく分からない内容も少なくないのですが、ルールについてどのように考えることができるのか、ディベート甲子園ルールは一般のディベート理論とどういう関係にあるのか、といったことについて興味のある方には、それなりの内容を提供できていると思います。

今回ディベート理論について一定の説明を盛り込んだのは、このブログで何度か取り上げた「擬似ディベート理論」の問題に関連して、最低水準のディベート理論について理解することはディベーターとして必要だろうと考えたからです。別に僕はディベート理論についてものすごく詳しいということはなく、日本語での文献を中心に勉強したにとどまるのですが、少なくとも大外ししないような理解はしているつもりですし、それを本テキストに反映させたつもりです。
特に、今回のテキストでは、ディベート甲子園のルールに即した説明ということで、明文の規則にディベート理論の考え方を適用してどのように解釈するのか(あるいは明文と関係ないところで規律しているものなのか)という一つの例を示してあります。某梁山泊の方々はルールだけがジャッジの根拠などと言いつつNAFAのルールを全く解釈できていなかったのですが、そのような向きにも参考にしていただけると思います。

もっとも、本テキストで示した理解はあくまで私見であり、それしか答えがないというものではありません。ディベートと同様、どうしてそのような理解が取られているのか批判的に検討していただき、ディベートについて考えるきっかけにしていただければ幸いです。
そういうわけで、ジャッジだけでなく選手にとっても無意味ではないテキストではあると思うのですが、今季の大会に出場される選手の方々は、先にプレパに精を出すのが正解かもしれません。

[7月6日追記]
前に書いた論題解説を少し加筆修正し、若干混入していた電波的要素を取り除いたものもアップロードしておきました。役にたつかどうかは保障しませんが、ご自由に活用してください。

積極的安楽死法制化論題の私的解説

コメント
この記事へのコメント
概要…?
甲子園ルール自体は4ページもあればガイドラインまで収まってしまうのに、概要と称して100ページにもなってしまうということは!

だいたい1~2行分を1ページかけて解説していることになるんでしょうか。
1項につき1ページと考えればさほど驚くべき事でもないのかな。
2010/07/02 (金) 19:22:23 | URL | 委員長 #-[ 編集]
タイトルに特に意味はありません
内容については条文に規定されていないものも少なくないので、純粋なルールの解説でもなかったりはします。
割と細かく書いてはいますが、より突っ込んで議論できる部分で端折っているところもありますので、概要とつけている程度のことです。

まぁ、日本国憲法は補則を除くと99条しかないのですが、それでも教科書は400頁とか余裕でありますので、そういうものだと思っていただければよいのではないでしょうか。
2010/07/04 (日) 22:45:25 | URL | 愚留米@管理人 #tX1BiP8k[ 編集]
本当に118ページあるぜ…
そして法務博士(NEET)ってww

ところでp.32の[60]はしばしば問題になるところですね。
タイムキーパーの人のマニュアルには「担当ステージに誤りがあった場合、その試合は、負けとなります」という文言があり、これはその解釈に従えば早く修正すべきかもしれません。
せめて「負けになることがあります」と。
2010/07/08 (木) 00:41:34 | URL | smr #-[ 編集]
>smrさま
どうもNEETです、ご無沙汰しております。

担当ステージ違反の問題は実際に関東地区大会で問題となったものですね。その時も負けにはしていないはずです。
マニュアルとかのレベルでルールの解釈と整合した説明などが徹底されているわけではないので、その辺はご勘弁をといったところです。そもそもテキストの内容自体が公定解釈というものではありませんし…(そもそもルールについて100頁分も考えてる奴はいない)
2010/07/09 (金) 01:22:37 | URL | 愚留米@管理人 #tX1BiP8k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 愚留米の入院日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。